ネパール人留学生、日本留学100周年記念
並びに国連・国際山岳年協賛
ネパール・アート展

堺市出身の禅僧・河口慧海師(1866〜1945)が、1899年ネパールに入国、滞在中、チベット語を学びチベット人に成り済まし、明治33年(1900)7月、決死の覚悟で単身ヒマラヤを越え、ついにチベット密入国を果たしました。その旅の様子は『西蔵旅行記』に詳しく記されていますが、彼の二回の入蔵によって膨大な資料が日本にもたらされたのです。
河口慧海師は、その後大正大学教授として後進の指導に当たり、また河口コレクションの一部が大正大学に残されております。師がチベット入国を果たしてから、ちょうど100年目の1999年7月、大正大学綜合佛教研究所は世界中の研究機関に先駆けてポタラ宮所蔵の文献調査を敢行、幸運にも『維摩経』のサンスクリット写本を発見したのでした。
1902年にネパールから初めて留学生が日本に来て、100年になります。又、今年は国連の国際山岳年にも当たります。
この度、スレンドラ・サキヤ氏の「ナアマステ・コレクション」大きなタンカ&曼陀羅展を開催する事が叶いましたことは、ひとえに佛天のご加護と感謝御礼申し上げます。
ネパールにつかの間なりと身を置いてみて、西欧の文化に嫌気?絶望した諸外国の旅人のなんと多いことか……、西欧崇拝、アジア軽視に毒されていませか?、これは自戒でもあります。
私たちは、ややもすると忘れて来てしまった何かを気づかせてくれる展示、お一人でも多くの方々にご鑑賞頂きたいものとご案内申し上げます。
                           ギャラリー花御堂主


釈迦の生涯 w2700×H1400

この作品は7月3日〜8日までネパール大使館での展示のため
この間はご覧になれませんのでご承知置き下さい。

Dharma Raj Shakya,s “Stone Art Works”
Surendora Shakya “Namaste Collection”

あとあと会期中の入れ替えも予定しております。

2002.7/1(月)〜 9/29(

11:00am~5:00pm
水曜日 は安息日

Dharma Raj Shakya 兄弟がアスター曼陀羅の制作を快諾。
約5日余を費やし制作されたもの。
色砂による「アスター曼陀羅」91B×91B を制作
ギャラリー花御堂にて常設展示中。

Dharma Raj Shakya & Binod Shakya 兄弟はネパールの“マイスター”
若きメダリスト、王室からも評価される若きホープ!
佛塔、佛像、狛犬、香炉なども展示
是非、ご覧頂きたいと思います。



佛塔





























このアスター曼陀羅は戦争撲滅・世界平和を祈念し制作されました。



アスター曼陀羅 91B×91B  常設中

アスターとは、「8」の意。
その8とは、
1.無限の紐、2.蓮華、3.幡、4.瓶、5.法子、6.黄金の鯉、7.傘、8.法螺、
の“8吉祥”
真ん中には、寶輪(Wheel or Chakra)その中心には白黒で陰陽が描かれる。






back                          ●home